メンテナンス会社は具体的に何が含まれているかをあまり言いませんがPvMAではPvMAは価格と内容に絶対的な自信がありますので公開します。自分の都合に合わせて必要なプランを選択することができます。

太陽光発電所の定期点検の目的
定期点検は例えると、人間にたとえるなら健康診断といえます。どこか悪いところがないか、異常がない発見と、所謂、未病状態からどのような予防的措置がとれるかを見極めます。通常安価なメンテナンスだけでは、雑草被害や、盗難被害などに対応することはできません。

プラン       プラン内容費用
基本プラン大手メンテナンス会社が通常言うプラン(最安)です。内容としては①エネ庁への定例報告、②電気設備点検(目視点検)、③遠隔監視(異常時報告含む)となります。復旧手配は別途40,000円都度かかります。年間金75,000円
除草プラン上記基本プランに④緊急出動(初期対応)⑤除草(年間)⑥復旧手配が含まれます年間1350,000円
フルプラン上記除草プランに、⑥パネル清掃(隔年)⑦トラブル解決サポートとなります。
 初年度は清掃する場合は純水1000Lが必要になりますので15万円ほど余分にかかってしまいます。
年間189,000円
オプションケーブル盗難復旧工事、アルミケーブルへの交換、遠隔監視システム導入工事、抑制工事、フェンス工事、各種看板取り付け、協力会社3社以上から見積もりを取り寄せ、実費となりまっす。

保険の斡旋以前は保険の斡旋も扱っておりましたが、ケーブル盗難の頻発、自然災害による太陽光設備の破損等が多く発生し、保険会社が太陽光保険から撤退し、残っている保険も免責100万円とか、太陽光発電所オーナーにとってメリットがあるものでは少なくなっております。無責任と思われるかもしれませんが、低圧発電所なら、保険に頼ることなく、素早く復旧し、同様な被害が生じないよう最大限の対策、ケーブルとアルミに変えるなどを講じる、ことが何よりも大事かと考えます。